クラリチンで花粉症をコントロールしながら過ごしいます。

私は春先になると憂鬱な気分になります。

それは「ひどい花粉症持ち」だからなんですが。

とうぜん、それをわかっているので早めにかかりつけの耳鼻科にいって薬などの準備をするわけですが、アレルギーや鼻炎や花粉症に効く薬は性質上、副作用で眠気を伴うものが多いという問題があります。

しかし、運転する機会が多い仕事上、眠気を伴うことは絶対避けなければなりません。

花粉症の効き目が強い薬になればなるほど、副作用の眠気も強くなります。

効き目と眠気・・・。

そりゃぁ楽に過ごせるほうが良いに決まっています。

でも、副作用の眠気は避けなければならない。

というわけで、いつも処方してもらうのが”クラリチン”なのです。

クラリチンは通常、花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状を緩和する薬として用いられます。

鼻炎薬に見られる眠気の副作用の心配がほとんどなく、そのため自動車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業に関する使用上の注意はありません。

クラリチンは、飲んでも眠くならないだけでなく、アレルギー症状を抑える効果の持続時間が長く、「花粉症」という悩みをお持ちの方に最適な薬なのです。

もちろん、クラリチンよりも作用が強い花粉症の薬には、アレジオンやザイザルがあります。

しかし、クラリチンよりも強い薬になると、眠気の作用がでる心配があります。

ザイザルは眠気の作用もありますので、クラリチンより強い薬に替える場合には注意が必要です。

さらに、春先はムズムズ皮膚もかゆくなります。

それは、花粉症を発症するくらいなのでアレルギー体質なのだと思います。

実はクラリチンは花粉症・アレルギー性鼻炎の以外にも、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)の症状緩和にもクラリチンは効果もあります。

クラリチンの主成分ロラタジンの働きでヒスタミン受容体の働きを抑えて、アレルギー症状を改善するらしいのです。

私はクラリチンのおかげで、花粉症をコントロールしながら仕事も普通にこなせています。

(宮城県、ヒゲのドライバーさん)




セフゾンカプセルが熱と痛みに有効と思います。

子供が熱を出したので、いつもの小児科の先生のところに連れていきました。

昨日熱が39℃あり、今日になってもあまり下がらないので、高熱が続くと子供には良くないと思い、かかりつけ医の先生のところに駆け込みました。

先生自体は、しっかりと睡眠をとって、自然治癒力で治すのが基本の考えの医師なのですが、高熱が続くのはまずいということで セフゾンカプセルを処方してくれました。

どうなるかなあということで、その日の晩はあまり眠れませんでしたが、15歳の息子は翌朝には、今朝には平熱に戻りました。

かかり付け医ということで小さい時から通っているのですが、体はもう大人に近いのでセフゾンのカプセルが処方されました。

昨夜38度ありましたが今朝は下がりました。

そして、平熱に戻りました。

痛みもだいぶ無くなり助かりました。

まあ、摂取した感想からすると個人差は有るかとは思いますが、セフゾンカプセルは効果が期待出来るお薬だと感じました。

セフゾンカプセルについて調べてみると、細菌の細胞壁合成を阻害することにより増殖を阻害し抗菌作用を示す働きをします。

感染症の治療に用いるセフェム系の抗生物質です。

通常、呼吸器感染症、皮膚感染症、耳鼻科感染症、尿路感染症など広い範囲の感染症の治療に使用されています。

雑駁に言うと、風邪等の高熱、痛みに大変有効な働きを示します。

余談になりますが、息子がこの時に書いてもらった処方箋でまとまってセフゾンカプセルを処方箋薬局で入手しました。

息子は熱が下がった時点で服用を止めたのですこしセフゾンカプセルが手元に残りました。

たまたま、親の方が親知らずが痛み、現在は食事もままならならず口を開くことも困難になったことがありましたが、かかりつけ医に電話相談したらソレトンをとりあえず飲んでおけばということでしたので服用して、痛みを抑えることが出来ました。

翌日歯医者さんに直行でした。

(兵庫県  OL megumiさん)




ムコダインは鼻水に困っている時に処方される薬

ムコダインは風邪で、鼻水に困っている時に通院すると大きい病院でも、小さな病院でも、処方される薬です。

ムコダインであったり、ムコダインジェネリックのカルボシステインであったりします。

ムコダインの効果は、鼻水をサラサラにして、出しやすくするためです、と言われています。

ムコダインは痰をきる薬ですよ、とも言われておりますので、辛い痰の症状を和らげてくれる良いお薬です。

ムコダインは錠剤、シロップ、粉薬、と色々ありますので、赤ちゃんから、大人まで幅広い年代に対応できる薬です。

中耳炎などになりやすい子供も、鼻風邪の時には必ずムコダインが処方されます。

子供等は、鼻水が中耳の方へ行ってしまうと、中耳炎になりやすいですので、大人よりも、ムコダインが必要と言えるでしょう。

また、滲出性中耳炎の場合にも、ムコダインは処方される薬であり、一週間以上という長期にわたってムコダインを服用する場合も認められます。

慢性的に、滲出性中耳炎で、他の薬を処方されていたところ、ムコダインの処方に替えますと早く治った、という場合も見受けられます。

慢性的な滲出性中耳炎に悩まされていて、ムコダインの処方で治った、と言う場合には、次回も、滲出性中耳炎になった場合には、ムコダインの処方を希望されることをおすすめします。

医院によって、薬の処方も異なりますが、患者さんの体質によって、効果の高い薬があるのです。

滲出性中耳炎で、中々治らない方で、まだムコダインを処方されていない方がいらっしゃいましたら、一度ムコダインの処方を希望されてみてください。

ムコダインは長年使われている薬ですから、副作用も少なく、安全性の高い薬です。

しかし、薬でありますので、医師の指導のもとで使用するように心がけて下さい。

薬剤師さんに相談されるの事もおすすめです。

(大阪府 みどりさん)




喉が炎症を起こしている時はフロモックスを服用しています。

私は以前、ケフラールやクラビットなど、いくつかの抗生剤で薬疹がたくさん出てしまったので、飲める抗生剤が限られています。

けれども、そんな私でも飲むことができる抗生剤のひとつがフロモックスです。

フロモックスは他の抗生剤にくらべて、比較的安全性が高い抗生剤のようですね。

普段はなるべく薬には頼らないようにしているのですが、どうしても風邪などで熱が下がらないとき、喉が炎症を起こして治らない時には、フロモックスを出してもらって飲んでいます。

フロモックスは1回飲んですぐに劇的に効くという薬ではありませんが、2,3日飲んでいると、かなり効いてくる感じのお薬です。

やはりなにも飲まないよりは、フロモックスを飲むと治りが早く、どうしても用事がある時などはとても助かります。

ひどい風邪をひいた時などは、続けて5日間くらいフロモックスを飲んだりしますが、今のところ薬疹は出たことがありません。

歯の治療で親知らずを抜いた後にも、歯茎の炎症を抑えるためにフロモックスが出されましたが、抜歯の傷口もきれいにふさがり、全く炎症を起こすことなく、きれいになりました。

あと、出産後に乳腺炎になってしまった時にもフロモックスを飲みました。

一時はものすごく腫れて高熱も出てしまい、どうなることやらと思いましたが、フロモックスのおかげでこれもきれいに治りました。

子どもが小さい時にも、よくフロモックスの粉薬が処方されて飲んでいました。

フロモックスは子どもにも処方されるということは、やはり安心なお薬だからだと思うのですが、子どもの風邪にもよく効いて、本当に心強い薬でした。

病気の時、本当はもっと強い抗生剤の方がすばやく効くのかもしれませんが、私は強い薬は少し心配なので、飲むのはさけています。

フロモックスは効き目は最初は穏やかかもしれませんが、飲み続けることで効果の出るタイプの薬なので、いつも出された分はしっかり飲むようにしています。

フロモックスは飲んだ量よりも、飲んだ期間で効いてくる抗生剤なのだそうです。

私の体質にはとても合っているので、フロモックスがあって良かったです。

(静岡県 momoさん)

フロモックスの購入はこちら⇒http://xn--pckua2a1e1c3cy568b380d.xyz/