セフゾンカプセルが熱と痛みに有効と思います。

子供が熱を出したので、いつもの小児科の先生のところに連れていきました。

昨日熱が39℃あり、今日になってもあまり下がらないので、高熱が続くと子供には良くないと思い、かかりつけ医の先生のところに駆け込みました。

先生自体は、しっかりと睡眠をとって、自然治癒力で治すのが基本の考えの医師なのですが、高熱が続くのはまずいということで セフゾンカプセルを処方してくれました。

どうなるかなあということで、その日の晩はあまり眠れませんでしたが、15歳の息子は翌朝には、今朝には平熱に戻りました。

かかり付け医ということで小さい時から通っているのですが、体はもう大人に近いのでセフゾンのカプセルが処方されました。

昨夜38度ありましたが今朝は下がりました。

そして、平熱に戻りました。

痛みもだいぶ無くなり助かりました。

まあ、摂取した感想からすると個人差は有るかとは思いますが、セフゾンカプセルは効果が期待出来るお薬だと感じました。

セフゾンカプセルについて調べてみると、細菌の細胞壁合成を阻害することにより増殖を阻害し抗菌作用を示す働きをします。

感染症の治療に用いるセフェム系の抗生物質です。

通常、呼吸器感染症、皮膚感染症、耳鼻科感染症、尿路感染症など広い範囲の感染症の治療に使用されています。

雑駁に言うと、風邪等の高熱、痛みに大変有効な働きを示します。

余談になりますが、息子がこの時に書いてもらった処方箋でまとまってセフゾンカプセルを処方箋薬局で入手しました。

息子は熱が下がった時点で服用を止めたのですこしセフゾンカプセルが手元に残りました。

たまたま、親の方が親知らずが痛み、現在は食事もままならならず口を開くことも困難になったことがありましたが、かかりつけ医に電話相談したらソレトンをとりあえず飲んでおけばということでしたので服用して、痛みを抑えることが出来ました。

翌日歯医者さんに直行でした。

(兵庫県  OL megumiさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です