クラリチンで花粉症をコントロールしながら過ごしいます。

私は春先になると憂鬱な気分になります。

それは「ひどい花粉症持ち」だからなんですが。

とうぜん、それをわかっているので早めにかかりつけの耳鼻科にいって薬などの準備をするわけですが、アレルギーや鼻炎や花粉症に効く薬は性質上、副作用で眠気を伴うものが多いという問題があります。

しかし、運転する機会が多い仕事上、眠気を伴うことは絶対避けなければなりません。

花粉症の効き目が強い薬になればなるほど、副作用の眠気も強くなります。

効き目と眠気・・・。

そりゃぁ楽に過ごせるほうが良いに決まっています。

でも、副作用の眠気は避けなければならない。

というわけで、いつも処方してもらうのが”クラリチン”なのです。

クラリチンは通常、花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状を緩和する薬として用いられます。

鼻炎薬に見られる眠気の副作用の心配がほとんどなく、そのため自動車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業に関する使用上の注意はありません。

クラリチンは、飲んでも眠くならないだけでなく、アレルギー症状を抑える効果の持続時間が長く、「花粉症」という悩みをお持ちの方に最適な薬なのです。

もちろん、クラリチンよりも作用が強い花粉症の薬には、アレジオンやザイザルがあります。

しかし、クラリチンよりも強い薬になると、眠気の作用がでる心配があります。

ザイザルは眠気の作用もありますので、クラリチンより強い薬に替える場合には注意が必要です。

さらに、春先はムズムズ皮膚もかゆくなります。

それは、花粉症を発症するくらいなのでアレルギー体質なのだと思います。

実はクラリチンは花粉症・アレルギー性鼻炎の以外にも、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)の症状緩和にもクラリチンは効果もあります。

クラリチンの主成分ロラタジンの働きでヒスタミン受容体の働きを抑えて、アレルギー症状を改善するらしいのです。

私はクラリチンのおかげで、花粉症をコントロールしながら仕事も普通にこなせています。

(宮城県、ヒゲのドライバーさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です