ムコダインは鼻水に困っている時に処方される薬

ムコダインは風邪で、鼻水に困っている時に通院すると大きい病院でも、小さな病院でも、処方される薬です。

ムコダインであったり、ムコダインジェネリックのカルボシステインであったりします。

ムコダインの効果は、鼻水をサラサラにして、出しやすくするためです、と言われています。

ムコダインは痰をきる薬ですよ、とも言われておりますので、辛い痰の症状を和らげてくれる良いお薬です。

ムコダインは錠剤、シロップ、粉薬、と色々ありますので、赤ちゃんから、大人まで幅広い年代に対応できる薬です。

中耳炎などになりやすい子供も、鼻風邪の時には必ずムコダインが処方されます。

子供等は、鼻水が中耳の方へ行ってしまうと、中耳炎になりやすいですので、大人よりも、ムコダインが必要と言えるでしょう。

また、滲出性中耳炎の場合にも、ムコダインは処方される薬であり、一週間以上という長期にわたってムコダインを服用する場合も認められます。

慢性的に、滲出性中耳炎で、他の薬を処方されていたところ、ムコダインの処方に替えますと早く治った、という場合も見受けられます。

慢性的な滲出性中耳炎に悩まされていて、ムコダインの処方で治った、と言う場合には、次回も、滲出性中耳炎になった場合には、ムコダインの処方を希望されることをおすすめします。

医院によって、薬の処方も異なりますが、患者さんの体質によって、効果の高い薬があるのです。

滲出性中耳炎で、中々治らない方で、まだムコダインを処方されていない方がいらっしゃいましたら、一度ムコダインの処方を希望されてみてください。

ムコダインは長年使われている薬ですから、副作用も少なく、安全性の高い薬です。

しかし、薬でありますので、医師の指導のもとで使用するように心がけて下さい。

薬剤師さんに相談されるの事もおすすめです。

(大阪府 みどりさん)